プロミスでおまとめローンが出来る?

プロミスの商品には、フリーキャッシングと自営者ローン、目的ローン、そしておまとめローンがあります。
フリーキャッシングや目的ローンに関しては総量規制の範囲で貸し付けを行わなければならないものになりますが、おまとめローンと自営者ローンは総量規制の対象外となります。そのため年収の3分の1を超えて貸付を行うことが出来るのです。おまとめを行いたいというときには、プロミスのおまとめローンの利用も検討してみましょう。小口融資で何社も持っているよりも、一つにまとめてしまうと定金利が適用される可能性が高く、負担が軽減します。


<なぜ総量規制対象外なのか>

事業性資金については、もともと総量規制の対象外です。自営者ローンはフリーキャッシングを違い事業性資金にも使えますので、総量規制の対象外となります。また一方的に利用者に利益があるとする貸し付けに関しては総量規制の対象外となりますので、プロミスのおまとめローンは総量規制の対象外となります。しかしフリーキャッシングの枠をおまとめに使ったという場合には明らかではありませんので、対象外とはなりません。あくまでも「おまとめローン」となっている商品を使っておまとめしたケースだけです。

プロミスの審査が甘いと言うのは本当?

よくネットで審査が甘いからおすすめですよ、と見かけたりしますがそんな事は無いので信じないように。
プロミスも審査はしっかり行いますから、決して油断をしないようにしてもらえればと思います。
それなので、適当に情報を入力したりするのは避けて、きちんと正しく入力するようにして下さいね。
入力する際には、必ず何度か見返すようにして誤った情報を入力していないのか念入りに確認するようにして。


プロミスの借入診断を試す

お金を借りたいから申し込むときには、必ず借入診断をするようにして下さい。
プロミスの公式サイトを覗いてもらえればすぐに分かると思いますが、借入診断システムがあります。
こちらで一度確認をして大丈夫そうであれば、プロミスに申し込みをするのが一番いいと思いますよ。
また、同時に返済シミュレーションを試しておくのもおすすめなので、ぜひ時間があるときに活用してみて下さい。


審査の結果は?

審査の結果は、電話で知ることが出来るようになっています。
それなので、書類に記入する連絡先は携帯電話にしておくのがベストかもしれませんね。
また、その会社に在籍しているのか確認するための電話が会社にかかってきますが、個人名なので安心です。

おすすめ・・・・プロミスの審査に通るぞ(http://leandrow.net/)

プロミスのローンは総量規制の対象になるの?

総量規制とは個人の借り入れが年収の3分の1を限界に定めたものです。お金を個人が借りる時はそれ以上借りることはできないよう定められています。これは個人が借りすぎないように定めた法律です。借りすぎて返済できなくなってしまうと破産してしまうので、それを未然に防ぐために定められました。ただし、プロミスのサービスが必ず含まれるというわけではありません。


<総量規制に含まれないもの>

一般的なキャッシングやローンは全て総量規制に関わります。複数の金融機関で総量規制以上に借りようとしても、専門の機関が調べるため知られてしまうでしょう。ただし、クレジットカードを使ったキャッシングは規制に含まれますが、カードを使った買い物は対象に入りません。そのため、多額の買い物をカードでしていても総量規制には関係無いので借り入れに影響しません。


<総量規制以上借りてしまったら>

もし総量規制以上借りてしまったら、プロミスのおまとめローンを利用することができます。おまとめローンは借りすぎてしまった人の返済を支援するための仕組みなので、総量規制を受けることがありません。そのため、年収の3分の1以上借りていてもプロミスのおまとめローンを利用することができます。おまとめローンは利息などを減らすことがあります。

プロミスならATM手数料が無料に?

プロミスは三井住友銀行の傘下にある消費者金融です。多くの消費者金融は、銀行と提携しているのですが、プロミス、は資本提携したことで、三井住友銀行のユーザーも便利に利用できるよう、ATM手数料を、三井住友銀行やアットバンクで無料にしています。


プロミスはコンビニでも手数料がかからない

多くの消費者金融で手数料が無料になる場合、その会社や銀行のATMに限定されることも多いそうです。そのため、最も利便性が高いと言われているコンビニエンスストアのATMでは返済だけお金がかからないなど、制限が多いという声もあったそうです。しかし、プロミスならコンビニエンスストアにあるATMのアットバンクであれば、お金を借りるときの手数料も無料で利用できるそうです。


手数料は借りるときに高くなる

カードローンキャッシングで大きな魅力といわれるのが、限度額以内であれば追加で何度も借り入れが出来ることともいわれているそうです。そのため、借り入れでは1万円で100円くらい、2万円では200円程度の手数料がかかるのが、一般的なルールと言われていたそうです。このような手数料は会社によって設定が変わりますから、できるだけ無駄なお金にかからない会社を選ぶと、消費者金融をお得に利用できると言われるそうですから、ATM無料は大きなポイントになりそうですね。

プロミスと他の消費者金融と悩んだら?

プロミス以外にも、消費者金融は多くあります。そこで悩むのが、どの会社を選ぶかということかと思います。利息などで比較することは頭に入っていても、あまり利息面でほかの会社と変わらない場合に、プロミスの便利なところはなんでしょう?


プロミスは返済日が選べる

フリーキャッシングプランを見ると、プロミスでは返済日を自分で指定することができます。5日、15日など、給料日に近い日付を選ぶことができるので、自分の計画を立てやすくなるのです。お財布に余裕の大きい時期に返済や貯金するお金をためるという考え方はご存知かと思いますが、プロミスのフリーキャッシングでも、この方法を活用できるのです。


初回返済日だけ再確認を

自分で返済日は確定できますが、初回返済に関しては。借入日や指定した返済日によって変わってきます。これは借り入れから間が空きすぎてしまうなどのトラブルを避けるためですから、最初だけ、同じつきなのか、翌月なのか、ということをしっかりとオペレーターなどに聞いておくようにしましょう。プロミスは最大でも17.8パーセントと消費者金融の中でも利息もお得と言われるそうですし、ATMも三井住友銀行のATMなら手数料が無料になります。

プロミスの初回利用特典ってどうお得なの?

プロミスでは初めてプロミスを利用する利用者に向けて、初回利用特典として無利息期間を設けています。無利息になるというのは、嬉しいですが、どんなふうにお得なのかを考えたことがありますか?この特典サービスを活用する方法をご紹介します。


プロミス無利息期間は30日間

このサービスを受けるには、登録無料のインターネット会員になる必要があります。そのため、利用前にポイントプログラムに入っていることが大切になりますから、手続きを早めに済ませるといいかもしれません。即日審査などで後からポイントプログラムに参加した場合には、最初に返済を行った翌日から30日となります。1回目の返済では利息がかかってしまうことになりますから、会員登録を忘れると一回目で支払うお金から利息をとられてしまいますよ。


繰り上げ返済などで借り上げ残高を減らすチャンス

プロミスでは、まだ返済していない借り上げ残高というお金に対して利息をかけて、利息の金額を出しています。そのため、この30日間でできるかぎり返済を進めるということで、全体的な利息の負担が減ると考えられるそうです。利息がかかっている場合には、返済したお金から利息分をひいて、残りを返済にまわすので、なかなか減らないこともあるそうです。

プロミス審査ではどんな情報が必要?

プロミスではお金を貸す前に審査を行って、返済ができる人かどうかということを会社が判断します。この基準などは明確に公開されているものではありませんが、審査に利用する個人情報などを知っておくことで、審査に受からない原因などを探すことができるそうです。


プロミスの審査は本人確認書類だけ

プロミスの審査で使うのは、本人確認書類だけでいいケースが非常に多いそうです。公的に自分の身分を証明できる書類なので、学生であれば学生証、免許証、パスポートや保険証などどれでもいいそうです。特に指定はないので、自分が利用しやすいものにしましょう。ただし、プロミスを利用できるのは二十歳以上、六十五歳以下の人という決まりがあります。パートなどをしていても、二十歳未満は利用できませんが、二十歳を過ぎていたら学生でもOKだそうです。


信用情報は過去半年に事故がないよう

このほかに、信用情報の開示に同意する必要があります。信用情報はクレジットカードや過去の消費者金融や銀行キャッシングなどの利用をどのように行い、返済に問題がなかったかなどをチェックできるもので、過去5年に渡って振り返ることができるそうです。プロミスなどの消費者金融では過去半年から3か月間に事故があると審査で不利になりやすいと言われているそうです。

プロミスの利息計算方法を知ろう

プロミスでは担保や保証人を準備する必要なく、最大で500万円の融資を行ってくれます。お金を借りると返済があるのですが、このときに手数料のような形で支払うのが、利息です。クレジットカードなどを利用しても分割払いで発生するものですが、この仕組みを調べてみましょう。


プロミスは実質年率17.8パーセント

プロミスでは、最大で17.8パーセントの利息がかかります。消費者金融と利用者を守る法律の貸金用法では最大18パーセントとなっているそうです。プロミスでは、実質年率という利息の計算方法を用いており、この計算は、まだ返済がおわらないお金に対して利息をかけて計算するというものなのだそうです。そこで、利息がかかる仕組みがわかると見えてくるのが、なるべくお得な返済方法です。


毎月の返済額を高くしよう

返済ごとに利息がかかる、まだ返済が終わっていないお金(借り上げ残高といいます)に対して利息をかけるという方法で計算されているものですから、支払いで金利負担が最も高いのは、最初の返済といえるでしょう。そのため無利息期間などを活用して、できるだけ借り上げ残高を減らすこと、返済ごとに利息がかかるので、少ない回数で返済することで、負担を軽減できる可能性があると言われるそうです。