プロミスのローンは総量規制の対象になるの?

総量規制とは個人の借り入れが年収の3分の1を限界に定めたものです。お金を個人が借りる時はそれ以上借りることはできないよう定められています。これは個人が借りすぎないように定めた法律です。借りすぎて返済できなくなってしまうと破産してしまうので、それを未然に防ぐために定められました。ただし、プロミスのサービスが必ず含まれるというわけではありません。


<総量規制に含まれないもの>

一般的なキャッシングやローンは全て総量規制に関わります。複数の金融機関で総量規制以上に借りようとしても、専門の機関が調べるため知られてしまうでしょう。ただし、クレジットカードを使ったキャッシングは規制に含まれますが、カードを使った買い物は対象に入りません。そのため、多額の買い物をカードでしていても総量規制には関係無いので借り入れに影響しません。


<総量規制以上借りてしまったら>

もし総量規制以上借りてしまったら、プロミスのおまとめローンを利用することができます。おまとめローンは借りすぎてしまった人の返済を支援するための仕組みなので、総量規制を受けることがありません。そのため、年収の3分の1以上借りていてもプロミスのおまとめローンを利用することができます。おまとめローンは利息などを減らすことがあります。