プロミスの利息計算方法を知ろう

プロミスでは担保や保証人を準備する必要なく、最大で500万円の融資を行ってくれます。お金を借りると返済があるのですが、このときに手数料のような形で支払うのが、利息です。クレジットカードなどを利用しても分割払いで発生するものですが、この仕組みを調べてみましょう。


プロミスは実質年率17.8パーセント

プロミスでは、最大で17.8パーセントの利息がかかります。消費者金融と利用者を守る法律の貸金用法では最大18パーセントとなっているそうです。プロミスでは、実質年率という利息の計算方法を用いており、この計算は、まだ返済がおわらないお金に対して利息をかけて計算するというものなのだそうです。そこで、利息がかかる仕組みがわかると見えてくるのが、なるべくお得な返済方法です。


毎月の返済額を高くしよう

返済ごとに利息がかかる、まだ返済が終わっていないお金(借り上げ残高といいます)に対して利息をかけるという方法で計算されているものですから、支払いで金利負担が最も高いのは、最初の返済といえるでしょう。そのため無利息期間などを活用して、できるだけ借り上げ残高を減らすこと、返済ごとに利息がかかるので、少ない回数で返済することで、負担を軽減できる可能性があると言われるそうです。